ハセが大いに文章を書くブログ

サイコロの旅をしたのでブログに書いてみむとす。

卒論が終わってないけどサイコロの旅をした~その3~

 

まずはここから読んでね!

卒論が終わってないけどサイコロの旅をした~その1~ - ハセが大いに文章を書くブログ

 

 

 

これまでのあらすじ

 

仙台から京都までサイコロを振って帰るよ!卒論が終わってないから早く帰って書かないと留年して死ぬよ!いきなり仙台泊の目を出した僕らはセンダイナイトを満喫し、翌朝山形県米沢へ!さあどんどん行こうとサイコロを振った結果・・・

 

f:id:hase19:20141223120313j:plain

 

 

 

「6」青森

 

 えっ・・・・・・・ああああああああああああああああ!!!!!出てしまいました青森。どうすんだこれ。ふざけんなケーチ。なんでこんなルール無視の目を設定した俺。

ケーチ「うわっわりい・・・」

ハセ「ふざけんなよこのダメ人間!!ダメ人間!!ダメ人間!!」

ケーチ「でも青森の目作ったのおまえじゃん」

ハセ「そうだけども!本当に出すやつがあるかよ・・・」

ケーチ「新潟行きたいわー」

ハセ「行けないんだよ俺らは青森に行くしかないんだよムキィ~ッ!!行くぞ!!」

このように僕らが何をほざこうが、目が出てしまったものは行くしかないのです。全てはサイコロの言う通りなのです。僕はケーチ君を大いに糾弾しながら、腹いせに米沢駅名物の駅弁「牛肉ど真ん中」を買い、電車の中で仏頂面で食べました。おいしかったです。

f:id:hase19:20141223175304j:plain

でも昨日の夕飯と微妙にカブってるよな。

 

さて、青森までの行程はまず奥羽本線で山形へ、仙山線に乗り換え仙台、そこから東北本線で盛岡、第3セクターのIGRいわて銀河鉄道青い森鉄道を乗り継ぎやっとこさ青森に着きます。要するに遠いということです。現在朝の9時ですが青森着は夜の9時。半日電車に乗り続けた挙句、京都から遠ざかります。ばっかじゃねえーの!卒論?どうにでもなっちまえ!

 

来た道をまた戻り、昼前には仙台へ。結果的に早起きをして米沢まで往復しただけということで1ミリも生産性のない時間を過ごしてしまいました。素敵ですね。仙台からは東北本線に乗り換えます。

 

北へ向かう列車の中、二人とも早起きだったのでひと眠りでもしようかと思うのですが、あるものが僕らの眠りを妨げます。座席のヒーターです。これ、関西とかではあんまり見ないんですが田舎のローカル線に乗ると座席の中にヒーターが付いていてですね、ベヤーッと僕らの尻をガッツリ加熱してくれる冬のマストアイテムです。しかし東北の電車はヒーターがちょっと意味わからないくらい効いていまして、座り続けてたら確実に火傷すると悟った僕らは、定期的に尻を浮かせながら乗車していたために、まったく寝れませんでした。後にケーチ君はこの座席ヒーターがアツアツになっている状態を「高ケツ熱」と評しました。なお、周りの乗客は何事もなく座っていたので、彼らの尻の皮はきっと分厚いのだと思います。(東北の人ごめん)

 

 小牛田、一ノ関とよく分からない駅で乗り換えていきます。僕とケーチ君は特に仲良くないので、列車に乗っているときはそれほど会話をしません。ケーチ君は文学青年なのでいつも村上春樹を読んでいるか、そうでなければ村上春樹以外を読んでいます。僕も車窓をぼんやりと眺めたり、音楽を聴いたり、目の前にいる人間にLINEを送ったりして暇をつぶしています。

f:id:hase19:20141223190309j:plain

その一例

 

夕方4時には盛岡へ到着。だいぶ疲れてきました。ここから先はもともと東北本線だったけど新幹線ができたのでJRからポイされた路線、もとい第三セクターIGRいわて銀河鉄道青い森鉄道を乗り継いでいきます。青い森鉄道の八戸ー青森間は18きっぷが使えるのでいいんですが、両社の盛岡―八戸間では使えないので、別途運賃を支払わなければいけません。世知辛いですね。しかもこの二つの鉄道会社、ちょっと意味が分からないくらい運賃が高くて、盛岡から八戸まで3040円もかかります。同じ区間を3倍の速さで走るJRの新幹線に乗った時の運賃が3500円ですからね。もう存在意義がだいぶ怪しいですね。僕らもよっぽど新幹線に乗ったろうかと思いましたが、ケーチ君が「新幹線に乗ったらJK見れねえだろ」と言うので仕方なくIGRいわて銀河鉄道で行くことにしました。

 

盛岡を出発し、僕らが「IGRのGは『銀河』のGなのか、それとも『ギャラクシー』のGなのか」という取るに足らない話に花を咲かせているうちに、辺りはすっかり真っ暗になってしまいました。もう夜です。これこそが銀河鉄道の夜というやつなのでしょう。しかし長時間の移動はあまりにも辛く、もはや悪い夢でも見ているかのようでした。向かいに座っているカムパネルラがそわそわしているので、どうしたのかと尋ねると、彼は言いました。

「この電車もケツ熱いんだけど」

ジョバンニ的にもIGRのヒーターは熱かったです。

 

八戸で電車を乗り換え、そうこうしているうちに電車は青森へ。青森は山形なんて目じゃないレベルで雪でした。そして寒さも一層凶悪でした。各地で節操なく「あーやべーさみー!」と言っていた僕が「あっ寒い」と素で言ってしまったことからもその寒さが窺えるでしょう。

 

f:id:hase19:20141225203032j:plain

青森駅。疲れすぎて目がほぼイキかけてるし、なぜか頭頂部が発光している。

 

f:id:hase19:20141225203137j:plain

ガッツリ雪です。

 

この日はここまで。今日は青森に泊まります。今日の宿は昨日のゲストハウスとはうってかわってビジネスホテルです。「美人すぎる社長」がいることで有名なアパホテルが、二人で4000円という破格すぎる値段だったので「昨日より安いじゃん!!うっほー!」と、僕らはホイホイと泊まることにしたのです。早速ホテルにチェックインした僕らは意気揚々と部屋に入り、ベッドにダイブしました。

 ハセ「いえーーーい!!・・・ってベッドちっせえええええええええ!!!」

ケーチ「4000円だからな」

案の定、ベッドが狭かったです。

 

f:id:hase19:20141225203842j:plain

ホテルのフロントにあったねぶた(の絵)と記念撮影。なぜ左手がポケットにインしてるかは謎。

 

さて米沢で買った牛肉ど真ん中以来なにも食べていないので空腹の極みです。僕らは早速青森グルメを求めて街へ繰り出します。ケーチ君がググったところ、青森グルメの一つは「味噌カレー牛乳ラーメン」だそうです。味噌にカレーに牛乳に、三つもまぜこぜにしちゃってちょっと節操がなさすぎやしないでしょうか。そして味の想像がまったくつきませんが、ちょっと気になるので食べてみようと思います。

 

f:id:hase19:20141225213131j:plain

訪れたのはこちらの「味の札幌 浅利」というお店。店名から青森グルメとしてのアイデンティティがまるで感じられないんですが大丈夫でしょうか。ともかく店内に入って注文してみましょう。

 

f:id:hase19:20141225213820j:plain

こちらが味噌カレー牛乳ラーメンです。見た目的には味噌カレー牛乳ラーメンって感じで牛乳が主張していますが、さてどんな味がするのか、果たしてうまいのか、食べてみましょう。・・・・・・UMEEEEEEEEEEEE!!!!!

ちょっとこれは本気でおいしいです!味噌とカレーというまったく相性の良くなさそうな味を、牛乳がいい感じに橋渡しをして、コクのある深い味わいになってます。要するにうまいということです。皆さんも青森に行く際はぜひ味の札幌浅利の味噌カレー牛乳ラーメン、食べてみてください。

 

満腹になった僕らはコンビニで 酒と明日の朝食を買い込み、アパホテルの狭いベッドで身を寄せ合いながら寝ました。楽しかったです。

 

12月13日朝5時。またも始発に乗りたいケーチ君にたたき起こされました。もー毎朝こんな時間に起きよってーおまえはおじいちゃんか!と言いたくなりましたが、還暦を迎えた僕の父親が毎朝4時に起きて散歩をしていることを思い出したので言いませんでした。

というわけでここまで書いてやっと!ついに!サイコロタイムです。

 

【第4の選択 青森編】 振り手:ハセ

f:id:hase19:20141225215735p:plain

  1. 函館・・・青函トンネルをくぐりついに北の大地へ。卒論提出は絶望的に。
  2. 宮古・・・三陸海岸へ。南下はできるがどん詰まり。
  3. 湯瀬温泉・・・ケーチ「温泉入りたいんだって俺は」
  4. 新庄・・・最上川 ああ最上川 最上川 東北を行ったり来たり。
  5. 秋田・・・奥羽本線でひとまず南下。どんどん行こう。
  6. 新潟・・・失敗を一気に挽回。ぜひ出したい。

なんと5/6で南へ行けるというサービスタイムです。というか、北にはもう北海道しかないってだけなんですけどね。ともかくさっさと振って、南へ行きましょう。ケーチのやらかしを挽回しましょう。もう寒いのは嫌です!そして忘れかけてたけど卒論書かないと!

 

何が出るかな♪何が出るかな♪ それはサイコロ任せよう♪

それーっ!

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hase19:20141225222209j:plain

f:id:hase19:20141225222230j:plain

 

f:id:hase19:20141225222314j:plain

すみませんでした。

 

その4へ続く!!

 

 

卒論が終わってないけどサイコロの旅をした~その4~ - ハセが大いに文章を書くブログ